「ほぼほぼ◯◯」

 この短いBlogを書き溜めておく方法は、今のところ自分に合ってるような気がする。
 もちろん「今のところ」限定だけど。
 作業の合間の気分転換にもなってるし、これはコレで良いのかもしれない。
 いつまで続くかわからないけど、「いつまで続くか分からないちょっとヒヤヒヤした感じ」もBlogの醍醐味だと思うことにするw。

 

 

 

1月20日 水曜日
 ずっと「時間が無い」を言い訳にしていたことを、まとめて全部やっつけておこうと一念発起。
 年末に買ったMac miniのOSダウングレード(意外に手順が色々面倒臭い)、もう何年もどこかに埋もれてしまっていたWAVES V9時代のプラグイン発掘(これも最新のWAVES Centralと並行して走るようにしないといけないのだが、マニュアルを読むのが面倒臭くてずっと放っておいたw)、など挙げればキリがない。
 1件につきおそらく1〜2時間程度で終わるものばかりだが、「後でいいか」と思ってるうちに溜まりに溜まってしまい、全てをやり遂げるには2〜3日かかってしまうところまで積み上がってしまった(苦笑)。
 が、男たる者、「やると言ったら必ずやり遂げる!やり終えるまで絶対に寝ない!」と固く決意してPCと向き合う。
 やり始めてみると、そこまで複雑な手順は無く(OSのダウングレードだけ何度かトライしなければならなかったが)、わりとスイスイ進むのでちょっと拍子抜けした。
 「こんなことなら、もっと早くやっとけば良かったんだよ。なんでやってないの?」と数十日〜数年前の自分を心の中で罵倒しつつ、2つ、3つ、4つと片付けていたはずなのだが、エレピの鍵盤の角に頰を思いっきり打ち付けて目が覚めた・・・最悪だ。

 Macでソフトウェアのインストール中に出てくる、あの棒グラフみたいな細長いインジケータ、あいつには睡魔を増幅させる何かが間違いなくある。
 結局、丸3日かかった。

 

 

1月24日 日曜日
 三が日が明けて少しした頃から、毎日寝る前に1本映画を観る日々が続いている。
 邦画・洋画のこだわりなく観たかった作品や見逃していた作品、ネット上でタイトルに目を惹かれて監督やスタッフのクレジットを見て選んだ作品など多様で、観る順番もバラバラだ。
 そのうちの1本に『最高の人生の見つけ方』という作品を観た。
 1年ちょっと前にアンソニー・マラス監督の「ホテル・ムンバイ」という作品を劇場で観た際に、この作品の予告編が流れ、その後 NHKの プロフェッショナル〜仕事の流儀〜 でも主演の吉永小百合さんのドキュメンタリーが放映されていたので「これは絶対に観ないと!」と思っていたのだけど、公開期間中は制作作業中で観に行くことが叶わず、その後 右肩の腱が切れたりしたこともあって、結局観れてなかった作品だった。
 ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン主演だったハリウッドのいわゆるウェルメイド作品のリメイクなのだけれど、NHKのドキュメントで観た時の吉永小百合さんの熱量がハンパなく、まだ作品自体を観ていないその時でさえ「NHKさんホンマにありがとう」と思うほど大きな刺激を受けていたので、本当なら劇場の大きなスクリーンで観たかった(涙)。

 吉永小百合さん、、、物凄いエネルギーでした。
 生活の大部分を”役と共に生きる”ために過ごしていると番組で仰ってたけど、74歳(撮影当時)という年齢を一切観る側に感じさせない、もっと言うと50代後半くらいの年齢をごく自然に演じてらっしゃりながら、且つ観る側を引き込んで離さないお芝居をされていて、観終わった後もその余韻からなかなか抜け出せませんでした。
 そのあと我に返って自分のヒヨッ子さや半人前さをこめかみが痛くなるくらいまで痛感。
 なかなかこんな背中が床につくまで倒されるような作品って無いんですが、、、。
 音楽は上野耕路さん。音もとっても良く「今度ちょっと真似してみよう」と思うような手法もあったりして、年始早々に良い勉強になりました。

 

 

1月28日 木曜日
 2日ほど前に、先日の検査結果が出た。
 去年は、今と同じように外出自粛や非常事態宣言が出たりしていたので受けていないが、なんと2年前に受けた健康診断のときよりも全てにおいてかなり数値が良くなっていると聞いて驚いた。
 ボクシングをやりに行ってどこかを痛めたり、そこで練習している皆さんの前でヒーヒー酸欠っぽい自分を出したくないので、毎日摂取するものを多少考えたり普段から適度に体を動かしたりはしていたが、内臓から何からの数値全てが健康そのもので『全く病気の心配ナシ』と先生にお墨付きをもらった。
 前回のとき、初診料と検査費用でシールドと安いエフェクターが買えるくらいの支払いだったので、お会計の時にちょっと身構えてたのだが、「351円です」と言われた瞬間に、なんだか凄く得をした気になった(笑)。
 ”病は気から” と言うが、これぐらい診察料が安いと もっと健康になれそうな気がするw。

 

 

1月29日 金曜日
 海を越えてやってきた病原菌のせいで、依然としてスケジュールがはっきりと決まらない。
 おかげで、ヒマなんだか切羽詰まってるのかよく分からない日々で、「締め切り日が未定、もしくはこの仕事は無くなるかも」という状況は、機材の電源スイッチを押すこと一つから気合いの入り方が違ってくる。
 そんなモチベーションの在り方は、「求められて書く」職業作家として悪くはないことだとは思うけど、駆け出しの頃、求められてもいないのにデモを作っては あちこちの音楽出版社やメーカーのディレクターにプレゼンしに行ってた頃から比べたら贅沢すぎるくらいの待遇であることは間違いなく、『ウィルス禍ごときでコロコロとモチベーション変えんな!! 』と心のビンタを5〜6発カマしてから作業をスタートするのが最近のルーティーンになっている(笑)。

 気分屋・気まぐれ・面倒臭がりの典型的B型体質は、地元にいた頃から・・・いやおそらく物心ついた頃から何も変わっておらず、東京に出てきてこの仕事を始めた頃からその感情のコントロールが一番の問題だったと思う。
 ただ、田舎の山奥から切り出したゴツゴツしまくりでイキりまくりの硬い石も、都会のあちこちで転がされ、削られ、磨かれ、時には色付けまでしていただいて、だいぶ丸くなってきたなぁと感じる場面が増えてきた。
 ”帰ってきたら先に宿題やってから遊びに行きんさいや〜っ!!(怒)” と言われまくっていた小学生の頃の自分に、その後この性格のせいでどれだけ失敗するのか、今だったら優しく教えてあげられそうな気がする(笑)。

 そんなオレも、「音楽で、東京でやりあげちゃる!」と変なカンチガイをして上京してから今年で20年になる。
 2000年に初めてBOSSと出会い、その後 何度かメシをご馳走になったり朝まで飲んだりして、「よっしゃ!! 東京行って天下獲ったろか!!」とそれまで地元で少しずつ積み上げたメシの種もすべて置いて、BOSSの元で経験も人間関係も全くのゼロからスタート。
 東京で初めて出来た友人<作詞家・阿閉真琴>も、BOSSの家で晩メシを食いながら紹介してもらってからの仲で、当時の彼は平井堅さんの<楽園>が前年にヒットし、売れっ子作詞家としてすでに活躍していて、地方から出てきてまだ何の実績もない無名で無謀なオレより一歩も二歩も・・・どころか数百kmぐらい先を歩いていた頃からの付き合いだから、彼とも20年来の仲になる。
 その後、阿閉くんとは二人で日本列島を縦断するくらいの旅をしたこともあるのだが、その話はとても長くなるのでまた機会があればw。

 とにかく、楽しくてオモロくて、大腸が6回転ぐらいするほど悔しい想いや あんまり思い出したくないくらいの悲しい出来事も数え切れないくらいあったけど、でも、あっという間の20年だったなぁ…『なんか、あの頃とはまた感覚の違う、ソコソコちゃんとしたスタート地点に立ってる気がする!』と やっと自分の状況や状態を、少し生ぬる〜い俯瞰(そりゃB型なんで自分に甘いですよ!)で見ながら言えるようになった気がしてますw。

 《勘違いの塊》と言われて20年、まだ未だに勘違いばかりしてるような気もしますが、今となっては「もう一生《勘違いの塊》でいいかなぁ」と(もちろんエエ意味でですよ)。
 きっと明日も、機材のスイッチを入れる前に 心のビンタをカマシてから作業スタート!・・・いや、いつもより多めにカマしたろうかなw? 21年目を普段と変わらずに始めます。

 

 ちょっと前に秋葉原に行ったのですが、お店の店員さんが使う『ほぼほぼ・・・』という言葉が 耳にも気持ちにも引っかかり過ぎて困ってます(苦笑)。