challenge

まだ地元で仕事をしていた頃(28くらい?)まで続けていたボクシングを「もう1回やってみよう」と去年ふいに思い立った。

 

年齢を重ねるごとに、闘争心が減ったというか、物事の何に対しても昔ほどのガツガツさが減ったような気がして、それと一緒に、言葉にするのは なかなか難しいのだが 自分の中の”滾り”のようなものの分泌まで減ってしまってるような気がしたからだ。

20代や30代、40代前半の頃までは、なんでも物事の先頭に立って 火矢だろうが壁だろうが蹴散らして進んでやる!的なタイプだったのだが、仕事の各案件の成り立ちや座組がしっかりしたものが多くなるにつれて、指示やジャッジメントを待つということも増え、グッと己の中でメラメラとした炎は燃やし続けているが、ブワッと頭のテッペンまで焦げるような勢いのある炎(スーパーサイヤ人的なw)が最後に出たのはいつだっけ?くらいな感覚の自分に、少しガッカリした瞬間もあって。。。

 

やる!と決めたら即・行動。
元々が地元の国体代表選手やアジア大会代表選手などを育成するアマチュアボクシングのクラブ(その後 プロの世界チャンピオンも出たりした)でスパーリング大会や公式戦などにも出場させて貰ってたくらい しっかりと基礎から叩き込んでいただいてたので、やるなら もう一度基本から!と思って、そんな自分に合うジムを探した。

そして運良くというか、良いクラブに巡り会え、己のだらしなくなった身体に嫌気がさすほど 何度も酸欠やゲロを吐きそうになったりしながら1年・・・少しだけ身体が動くようになってきた。

 

そうなると人間は やはり欲のカタマリで(笑)、「もっと動けるようになりたい」と毎朝25分ほどのストレッチは どんなことがあろうと欠かさなくなり、時間があるときは ランニングやサーキットトレーニングもするようになり、「よし!試合出よう!」と。

 

 

実は 少し前、試合に出ようとして ずっとトレーニングしてたのだけど、先日の超巨大台風のために試合自体がなくなりまして。。。
代わりに、同じクラブの仲の良い選手が初めて出場する(デビュー戦)別の試合の応援に行ったのでした。

IMG_8658

S選手、格上の相手に大健闘で判定勝ち。

 

いつか身体が滾るような試合をしたら、そのときは またココに書きます。