時代を超えて歌い続けられる名曲

リーグ4連覇のかかった今年のカープは、開幕から他チームに完膚なきまでにヤラれる日々が続いた。
開幕戦こそ完封勝ちしたものの、その後の12試合の成績を合計すると<32-75>というダブルスコア以上の負け方で、中には「0-9」「1-10」「3-15」という 高校野球の地区予選ならコールド負けのような不甲斐ないゲームすらあった。

在京のニュースなどでも この異常事態を報じていたくらいだから、地元・広島の新聞紙面などは かなりなものだっただろうし、お好み焼き屋や居酒屋などでは毎夜 くだを巻くカープファンが さぞ多かっただろうなと思う。

 

しかし、その後 少しずつではあるが しっかりと立て直し、ここ数試合ではあるが4連勝、それも”勝ち方を知っているチーム”らしい勝ち方をしている。
勝負事の歯車は、一度ズレると泥沼にハマるまで崩れてしまうが、それが何かの拍子にガチッと噛み合うと こんなにスムースに勝てるものなのかと驚くくらい 今や『強いカープ』である。

 

 

そんなカープ連勝ニュースの陰から そっと顔を出すように、有馬 三重子さんのお名前がネットニュースに掲載された。

 

作詞家・有馬三恵子さんと聞いて、それでスグにピンとくる方は多くないかもしれない。
でも《それ行けカープ〜若き鯉たち〜》や《勝て勝てカープ》と聞けば、カープファンで知らない者はいないと思う。

1975年の初優勝した年に発売されたレコード《それ行けカープ〜若き鯉たち〜(B面 / 勝て勝てカープ)》は、中国地方だけで30万枚を超えるセールスを記録し、初優勝後には<ヴィクトリー・カープ>も発売された。
これらの作品は、すべて 有馬三恵子さんと作曲家・宮崎尚志さんのコンビによるもの。

 

そんな有馬三恵子さんの代表曲として一番に挙げられるのが<小指の思い出>なのだが、オレがおそらく物心ついて最初に聴いた歌が 《それ行けカープ》、そして次に聴いた歌がコレだったと思う。(発売から考えると順序は逆なはずだが、そこは広島県民なので・・・笑)

https://youtu.be/g4DcV-vfhY4  南 沙織 / 17才

 

この歌は、その後 森昌子さんや桜田淳子さんがカバーされ、アルバムに収録されたのだが、発表から18年経った89年に森高千里さんのシングル曲として再度 注目された。
(このシングル「17才」のc/wが なぜ<20才>という曲だったのは謎なのだけど)

そして2008年に銀杏BOYZがカバーしたり、最近でもアイドルグループがカバーしたりと、47年間に渡って多くのアーティストやリスナーに愛されてきた歌。

 

そんな時代を超えて歌われ・愛され続ける名曲を数多く世に出されてきた有馬さんだが、2019年シーズン、なかなか不甲斐ない試合ばかりだったカープが ようやくまとまってきて、連勝し始めた矢先に お亡くなりになられた。

 

カープが25年ぶりにリーグ優勝した2016年の1年前、まだBクラスだったが黒田投手がヤンキースから広島に帰ってこられた際に「オレらも 何か応援できないかな」とカープファンの音楽プロデューサーやエンジニアと CarpLovers+(カープラヴァーズプラス)というユニットで カープ応援歌のピアノカバー曲制作に着手した頃から 有馬先生や宮崎先生の歴史を一層 深く知ることになり、このユニットで作ったアルバム【CARP SOURCE〜ジャズピ味〜】がビルボード国内チャートのTop10入りしたり、大手通販サイトのランキングでも3部門で1位にならせていただいたことなどから 続編の制作もすることになり、計二枚のアルバムで 有馬先生・宮崎先生コンビの作品を大変多くカバーさせていただいた。

代表曲でもある《それ行けカープ〜若き鯉たち〜》は、<Love CARP ver.>としてオレ自身も
ガッツリと編曲させていただいている。
https://www.amazon.co.jp/それ行けカープ-Love-Carp-ver/dp/B0778Z4HBP
(このver.は、在広のスポーツ番組やカープ報道などで本当に沢山 BGMとして使っていただき、現在も使っていただいてるそうで、在広局の皆さまには感謝しかないです)

 
千葉の方にお住まいで、でも マツダスタジアムにも足を運ばれて応援されているということは 人づてに聞いていたが、出版社経由でご承諾や許諾をいただいていたので、とうとう最後まで手渡しでアルバムをお渡しすることが出来なかったのだが、毎回 快くご快諾くださり、いつかお会いしたら ちゃんとお礼を言わねばと思っていただけに、有馬先生のご訃報は残念でならない。

明日で生まれてきてから50年、丈夫に産んでくれた親には もちろん感謝しているが、小学校1年生だったクソガキが赤いキャップを被り、滑り台の上で「カープ♪ カープ♪」と口ずさんでからの40年以上、まさか自分が将来 先生の楽曲を触らせてもらうことになるとは思ってもいなかった。本当に感謝しているのです。

 

有馬先生、
先生の書かれた詞、描かれた光景は、これからも広島の人たちの心に、そして広島の街にずっと流れていくと思います。
そして また、CarpLovers+として、大事に大事にカバーさせていただきたいと思っています。

ご冥福を心からお祈りいたします。

 

IMG_7438