さて、来年も頑張ろう!

作業場や自宅の掃除を終え、正月用の買い物を済ませて ようやく一息つきました。

 

「光るものは よりピカピカに、そうでないものもピカピカに」は、BOSSの言葉。

来年も 1人でも多くの方に届く作品が作れるよう、一つひとつ誠実に作品と向かい合っていきたいと思っています。

 

今年も大変にお世話になりました。

皆さま、どうか佳い新年をお迎えくださいまし!!

IMG_5632

 

暮らしの劇伴

少し落ち着いたので、作業場の環境をいろいろ思い切って変えることにした。
愛着のある古いモノで勝負することも またあるだろうが、やはり どんどんと新しいモノを取り入れて、使って、時代の流れに慣れて行くことも必要だと考えた。

大枚払ってメール1通、ダウンロードするための1行のコードとマニュアル。
昔のように楽器屋に行って店頭でお兄さんとアレコレ話して機材を買うということも無くなり、ネットでカートに入れ、決済したら すぐに使える時代だ。
高価なオーケストラ音源などは アクティベートするまで不安でドキドキするが、購入したあとのなんとも言えない味気ない感じにも少し慣れてきた。

 

いくつかのソフトをダウンロードする際に かなり時間があったので、過去に制作した音源やデータなども少し整理していたのだが、ある1曲を聴いていて 思わず手が止まり、何度も何度も繰り返し聴いた。

 

 

 

 

『Home & Life』
2011年に作らせていただいた作品で、住まい方アドバイザーの近藤典子さんとダイワハウスがコラボレートした「ケーススタディハウス」のWebに曲を書いてくれないかと、近藤典子Home&Life研究所の在原社長からオーダーをいただいた。

ケーススタディハウス名古屋.png

 

近藤さんとダイワハウスがコラボしたケーススタディハウスは、2006年5月に広島で最初のモデルハウスが完成し、その後2007年に横浜と神戸、2008年に名古屋が完成した。
その広島・横浜・神戸・名古屋のケーススタディハウスごとにWebサイトがあったのだが、2010年末あたりからサイトのリニューアルが始まり、発注を貰った頃は最後の仕上げをされていたようだった。

東日本大震災から数ヶ月経った頃で、半年以上先まであった仕事が全てキャンセルになり、石巻や女川に長く滞在して、これまでに見たこともないような色んなことを体験している最中で、大きな自然災害の前での音楽の無力さを感じたり、自分自身の これまでやってきたことに疑問を感じたりしていたのだが、目先の仕事も無いオレを気遣って発注してくれた社長の想いに応えようと、震災後まだ整理できていない 散らかった作業場で、ピアノの前に座った。

 

 

鍵盤に触ろうとすると、現地で見た風景が鮮明に蘇り、とてもじゃないが ”暮らし心地よさ”を表現するようなメロディなんて全く浮かんでこない。
毎日 朝から晩まで座ってるだけで2日経ち 3日経ち・・・すぐに数日が過ぎていった。

そんな日々を過ごしているうち、ふと「今のオレに書けるものを書いてみよう」と思った。
少し張りつめていた気持ちが軽くなった気がした。

 

自分の見た、人の一生、
当たり前の生活ができることの尊さ、
人が生きる上での哀しみや喜び、
そして人生という時間、
それらを包むような曲が書きたいと思い、完成した2分の曲を何度も練習し、一発録りした。

http://www.hli.jp/nagoya/

 

 

まだ劇伴など1曲も書いたことが無い頃で、思えば この曲がオレの劇伴第1号と言っても良いかもしれない。
津波で流されたり、大きな穴が開いた 寒々とした家々に、いつか暖かな光が灯るようにと願いながら書いたこの曲を聴いていると、当時の色々な想いが蘇ってくる。
Webのコマーシャル用音楽として発注をいただいたが、人の暮らしに寄り添える曲が書きたいと強く思って書いた・・・今思えば、いろんな人の暮らしに合う”<劇伴>が書きたい”と思ったのかもしれないと思う。

 

良い曲を書こう、
素直にそう思った。

 

 

あっという間に1年

 

この仕事を始めて もうかなり経つが、こんなに毎日音楽に明け暮れた年は無かったように思う。

 

昨年のクリスマス、
プロデューサーが予約してくださったスペイン料理屋で監督に会うのは3度目だった。

1度目は恵比寿のレストランで開催された何かの親睦会で。
2度目は『嘘八百』という中井貴一さんと佐々木蔵之介さんW主演の作品の試写会で。
そして3度目。

「この映画はスペイン音楽で勝負したい」と、フラメンコの生演奏が鳴り響く店内でオレに言われた。

 

その翌日、スペインでスペイン音楽史をずっと研究されてる方に「スペイン音楽を書くには どうしたら良いか?」と素人のような質問をした。
今まで自分が聴いてきたスペイン音楽の知識だけでは きっと高い打点のものが作れない、本能的にそう思ったから。
その上、フラメンコ特有の「コンパス」というリズムは一朝一夕には体に染み付いていかない。

 
”朝起きて眠るまで、毎日ずっとフラメンコを聴きなさい”

その1行、その一言を信じて、半年間ずっと そんな生活を続けた。
ビンテージのフラメンコギターとクラシックギターを買い、毎日何時間もずっと弾いた。

 

書いても書いても修正の連続で、壁に貼ったリストには×印や「再改訂」「再々改訂」「再々々改訂」の文字がいくつも並び、曲データのファイルにも同様の文字が並んだ。

朝起きて、翌朝眠るまで、毎日が文字通り『音楽漬け』だった11ヶ月間、あんなに飲みに出ていたオレが プライベートで一切 酒を飲むこともなかった。

そんな書き方をすると、まるで修行僧のような厳しい生活をしていたようになってしまうが、実は 毎日が楽しくて仕方なかった。
修正や変更で 楽曲の構成やアレンジに頭を悩ませることばかりだったが、なぜか楽しくて楽しくて仕方なかった。

 

すべての楽曲に監督からOKが出て、オーケストラの譜面を書き、スタジオに入る。
レコーディングは11日間、その半分以上が過ぎた頃、アシスタントに「オレ、今週の平均睡眠時間って どれくらいだろうな?」と冗談を言ったら、ササッと計算して「47分ちょっとです」と(笑)。

 

寝不足で 幻聴も幻覚も何度かハッキリ見えた そんな11日間のレコーディング最終日、スタジオでの監督チェック。
すべての曲を聴き終えた監督の口から出た『よし、これで世界と勝負できる!』という言葉を聞いて、レコーディング・エンジニアが背中を震わせて泣いた。
でもオレは不思議と そんな感動もなく、「まだまだだ」という思いだけが より強くなった。

ダビングが終わっても、主題歌のレコーディングが終わっても、全く”終わった”という気分にはなれなかった。

 

0号試写を経て、出演者の方もすべて揃う初号試写、
オレのとなりにはギターを弾いてくれた木村 大氏が座っていた。
上映中、すすり泣くような音が何度も近くから聴こえた。

最後まで感動に全く浸ることなく、エンディングロール、そして主題歌。
曲が終わって 監督の名前が上がってくる。

その時、急に涙が奥のほうから大量に押し寄せてきた。
「ちょっと待って!まだまだ、まだまだオレはヤれる!ちょっと待って!終わらんでくれ!」
・・・そんな気持ちでいっぱいだった。

 

 

11ヶ月間、どんなことがあろうと 絶対にくじけない、そして努力や研鑽を忘れない、そんな音楽屋になるよう監督には本当に鍛えていただきました。
ここから残りの音楽屋人生、どんな作品であろうと 準備を怠らず、この作品で経験したことをのすべてを一つ一つ実践していこうと思います。

 
そして、録音部の石寺さん、音効の柴崎さん、東映撮影所の小林さん、
みなさんとご一緒できた日々は、今後の音楽屋人生の中で一つの宝物です。
またご一緒できるよう、日々しっかりとやっていきます。

 

こんなポンコツで出来損ない、たいした才能の無い音楽屋が多くのご関係者の皆さんにご迷惑をかけたり、力を貸して貰いましたが、その恩が返せるよう、そして一人でも多くの人が作品を観て何かを感じてくださるよう、もっともっと努力します!!

 

IMG_5143