されど、1曲。

 

大変に大変に遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございま…した(汗)。

「日本の正月だけでなく、旧正月(2月16日)も明けてから新年のBlogを更新するなんて、どーかしてるぜっ!」と言いたいところですが、なかなか書くタイミングが見つからず。。。
・・・そう自分に言い訳しながら、さて書いてみよう!と思って前回のBlogを見ると2017年の6月っ!! うわっ!オレ8ヶ月も更新しとらんじゃないかと自分のズボラぶりに呆れております。

 
8ヶ月前から今日までの間に、それこそ当たり前に色々な出来事はあったのでしょうが、と言うか ありましたが(苦笑)、そうですね・・・つまり「書きたいとか書けなかったとかいうことではなく、”書かなかった”」というのが正直なところだと思います。
「書かないといけない!」と思ってれば、絶対に書けたはずですし。。。

そんな言い訳ばかりをダラダラ並べてもアレなんで、今年もきっと筆マメにはなれないでしょうが、書けるときに書いていこうと思います。

 

 

 

さて、ここ数週間は ずっと寝不足な状態が続いてました。
徹夜して1時間半寝て また徹夜して、3時間寝てから62時間ぶっ通しで作業して、そっから「3時間半だけ寝よう!」と思ってソファで仮眠したら 気がつくと5時間半も寝てしまってて 焦ってまた徹夜になって・・・みたいな繰り返しで、途中「うわっ!地震か!?」と思うと自分が揺れてたりとか(苦笑)。

実は、ずっと一緒に仕事したいと思ってた方の作品に参加させていただけることになり、そりゃぁもう必死のパッチです(爆笑)。

 

今年の1月4日から書き始め、何度も打ち合わせや方向性の確認・修正・再構成を繰り返し、一昨日ようやく1曲がカタチになりそうなところまで見えてきた状況で。
たった1曲にこれだけ時間(55日ほど) をかけて書いたのは、それこそ この15年くらいの間で記憶にないくらいです。

しかし、その修正や再構成の繰り返しによって、これまで自分自身がアタマでは解っていたようで 気づけてなかった色んなことに気付けたり感じるようになれたのも事実。

この”たった1曲”に、この作品に関わる100人以上の方の熱量や感じ方も大きく変わってくる、そして この1曲を聴かれるであろう何千人?何万人?の方々の印象も大きく大きく変わってくるという その本当の大きさや大事さ、責任というものの重さを感じながら書けるようになったことは、これからの自分において とっても大きなプラスだと感じています。

それが見える”現場”って、関わるすべての人にとって素敵だなと。

 

この曲をジャッジしてくださる方は、普段からとても物静かな方なのですが、熱量が凄まじく妥協の見えない方です。
こういった方と一緒に作品をつくらせていただく機会自体が とっても貴重なのですが、なかなか体力勝負、気力勝負なところはあります(笑)。

・・・とは言え、「キツい」とか「シンドい!」とか思ったことが1度もなく、書かせてもらった4分の作品を毎回ジャッジしてもらい、そこからまた毎回 修正にトライするのが楽しくて・・・なんか駆け出しの頃の気持ちに戻っているような感覚です。

 

引き続き まだこのプログラムは続いていきますが、今 自分自身でしっかり感じることのできている『されど、1曲』を大事に書いていきたいと思っています。

 

 

 
写真は、今年の正月の神棚。
いつもお世話になってるエンジニアさんが、天河大弁財天さんのお札を わざわざ買ってきてくださり、それをお祀りしたところ、一段と賑やかになった気がします。

今年も、心穏やかに、一人でも多くの方に喜んでいただける作品がつくれる様、引き続き精進いたします!
どうかよろしくお願いいたします。

BlogIMG001

 

 

広告