桜島、見たことあります

春を通り越して 初夏のような暖かだった日の夕暮れに、「ついさっき祖母が亡くなった」と母親から電話があった。91歳、大往生と言っても良いだろうと思う。
昨年の暮れあたりから、もうそろそろのようだとは聞いていたが、いざ そうなってみると全く実感が湧かなくて、なんか自分が悪いことをしているような気になる。

ここんとこ ずっと書いているプロジェクトの現場がまさに進行中で、かなり大掛かりなスコアをパッツンパッツンのスケジュールの中 現場に送らなければならず、必死に画面に音符を打ち込んでる最中だったので、「申し訳ないけど通夜も葬儀も出席するのは ちょっと厳しいかもしれん」と母親に伝えると「仕事があることが有難いのだから、仕事を優先しなさい」と言ってくれたので少しだけ心のつっかえが取れたような気になった。
50年近く、今も現役で商売してる母親だからこその言葉だった。有り難かった。

 

小さい頃、親父はほとんど家にいなかったし、母親もずっと仕事をしていたので、オレら兄妹弟は祖父と祖母に育てられた。
20数年前に祖父は他界しているので、育ててもらった恩から考えると、祖母の通夜にも葬儀にも出席しないというのは かなりバチ当たりであることには違いないのだが、「親の死に目にも会えないと覚悟しろ」と今でも当たり前のように言われ続けている業界で仕事をさせてもらってて、その仕事の真っ最中に「肉親が亡くなったから地元に帰ります」などとは絶対に言えないし、進行中の作業を仕上げて送らないと現場にいる100人近くの方たちに迷惑がかかる・・・そんなことを言い聞かせながらも 悶々しながらPCと向き合い、黒塗りのオタマジャクシを淡々と打ち込んでいた。

そうこうしてると1時間ほど経って現場から連絡が。
「事前に必要になったので、明日中に仕上げて送ってくれないか?」と。

普通なら「必死に作業してますけど、絶対に無理です。ちょっと勘弁してもらえないすか」な感じなのだが、「あれ?コレを仕上げたら葬儀には間に合う?んじゃね???」という思いがアタマを過ぎり、そこからメシも食わず 必死のパッチ、ヘロヘロになりながらも火事場のナントカで仕上げてデータを現場に送った。
「ありがとう。あとはこっちで手書きで書き込みます。お疲れさまでした」とOKの連絡が入ったのが午前5時半、本来であれば現場から変更や手直しの連絡が入るまでは待機してるのだけど、「変更がきたら新幹線の中でやる」と決め、スーツケースに喪服や着替えなどを詰め込み、とりあえずの機材やPCを持ってスウェット姿のまま東京駅に向かった。

 

地元に着くと、すでに収骨も終わったあとで 結果的には間に合わなかったのだが、久しぶりに家族が揃って晩メシを食い、そして その後 25時過ぎまで母親と二人で色んな話をした。
「お袋と こんなに長時間 二人っきりで話したの、生まれて初めてかもしれんなぁ」と思いながら、わりとトンチンカンな母親の愚痴を笑いながら聞いていた。

 

で、翌日。
どうせ広島まで帰ったのだから、そのまま足を延ばして 現場に顔を出してみようかなと。
東京駅に向かう前に ふと思いついてプロデューサーに連絡し、「ぜひ どうぞ」と言っていただいたこともあって、そのまま鹿児島へ。

 

以前プロデュースしていたオムニバスLIVEや、アーティストのツアーサポートで これまでに何度か訪れた鹿児島だが、実は これまでに桜島を見たことがない。
何度もお邪魔したCAPARVO HALLの楽屋からは桜島がドーンと見えると毎回イベンターさんから聞かされているにも関わらず、台風直撃だったり 曇天だったり ガスってたりで、かろうじて下半分だけを1度見たきりである。

今回お邪魔する町は、鹿児島中央駅から車で4時間ほどの九州最南端の町なのだが、以前 地元の方から聞いたハナシによると桜島はドッカーンと(ご本人談) 見えるらしい。
「え〜っ!?桜島を見たことないですか!?ぜひ来てください、必ず見れますから」という言葉を運転しながら思い出しては 期待で気持ちが高ぶる。

高速道路から見える、ちょっとした大きな山を見つけるたびに「あれが桜島かなぁ」とナビを見る・・・全然違う(苦笑)。
そうこうしてると夕暮れの時刻になってきた。あと60kmほどで現地に着く予定なのだが、未だ桜島は見えていない。
どんどん薄暗くなっていく海沿いの道を走りながら、現場で「桜島、見ました?」と聞かれ「いやぁ、今まで何度も来てるんですが一度も見れたことがないんですよ」と答える自分をシュミレーションしていた時、右ナナメ後ろに大きな影というか異物のような気配がした。

 

「わっ!」
・・・一瞬だった。
すぐに携帯で写真を撮ったが、あとから見るとピンボケで 上手く写ってはいなかった。
でも、、、、、桜島、見ました!
「桜島、初めて見ました!」と車の中で独りで何度も呟いた。

 

 

 

 

午後8時、かなり冷える夜の現場に着いたら、自分の曲が爆音で流れ、百人近い方々が動いてらっしゃる真っ最中だった。

翌日は、各場面の現場を一人で回り、夕方から重要な場面であるあぜ道に座って、その前方にある大きな大きな崖を眺めていた。
千年以上前からあるこの崖と この道。
数え切れないほどの人が、ここを どんな気持ちで歩いてきたのだろう?、そんなことを思いながら日の暮れた真っ暗なあぜ道に座ってると、なぜか泣けてきた。

なんで あんなに涙が出たのだろう?と今考えてもよく分からないが、悲しくて泣いたのではないことは分かる。
なんだろうなぁ・・・自然の大きさに圧倒されたのかなぁと思う。

 

さて、先週末から その曲を書いている。
どう説明すればよいのか分からないけど、なにか”書かせてもらってる”ような感じが ずっとしてるから、まだちょっとフワフワしてんだろうな。
気合い、入れます!

 

IMG_3404

 

 

されど、1曲。

 

大変に大変に遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございま…した(汗)。

「日本の正月だけでなく、旧正月(2月16日)も明けてから新年のBlogを更新するなんて、どーかしてるぜっ!」と言いたいところですが、なかなか書くタイミングが見つからず。。。
・・・そう自分に言い訳しながら、さて書いてみよう!と思って前回のBlogを見ると2017年の6月っ!! うわっ!オレ8ヶ月も更新しとらんじゃないかと自分のズボラぶりに呆れております。

 
8ヶ月前から今日までの間に、それこそ当たり前に色々な出来事はあったのでしょうが、と言うか ありましたが(苦笑)、そうですね・・・つまり「書きたいとか書けなかったとかいうことではなく、”書かなかった”」というのが正直なところだと思います。
「書かないといけない!」と思ってれば、絶対に書けたはずですし。。。

そんな言い訳ばかりをダラダラ並べてもアレなんで、今年もきっと筆マメにはなれないでしょうが、書けるときに書いていこうと思います。

 

 

 

さて、ここ数週間は ずっと寝不足な状態が続いてました。
徹夜して1時間半寝て また徹夜して、3時間寝てから62時間ぶっ通しで作業して、そっから「3時間半だけ寝よう!」と思ってソファで仮眠したら 気がつくと5時間半も寝てしまってて 焦ってまた徹夜になって・・・みたいな繰り返しで、途中「うわっ!地震か!?」と思うと自分が揺れてたりとか(苦笑)。

実は、ずっと一緒に仕事したいと思ってた方の作品に参加させていただけることになり、そりゃぁもう必死のパッチです(爆笑)。

 

今年の1月4日から書き始め、何度も打ち合わせや方向性の確認・修正・再構成を繰り返し、一昨日ようやく1曲がカタチになりそうなところまで見えてきた状況で。
たった1曲にこれだけ時間(55日ほど) をかけて書いたのは、それこそ この15年くらいの間で記憶にないくらいです。

しかし、その修正や再構成の繰り返しによって、これまで自分自身がアタマでは解っていたようで 気づけてなかった色んなことに気付けたり感じるようになれたのも事実。

この”たった1曲”に、この作品に関わる100人以上の方の熱量や感じ方も大きく変わってくる、そして この1曲を聴かれるであろう何千人?何万人?の方々の印象も大きく大きく変わってくるという その本当の大きさや大事さ、責任というものの重さを感じながら書けるようになったことは、これからの自分において とっても大きなプラスだと感じています。

それが見える”現場”って、関わるすべての人にとって素敵だなと。

 

この曲をジャッジしてくださる方は、普段からとても物静かな方なのですが、熱量が凄まじく妥協の見えない方です。
こういった方と一緒に作品をつくらせていただく機会自体が とっても貴重なのですが、なかなか体力勝負、気力勝負なところはあります(笑)。

・・・とは言え、「キツい」とか「シンドい!」とか思ったことが1度もなく、書かせてもらった4分の作品を毎回ジャッジしてもらい、そこからまた毎回 修正にトライするのが楽しくて・・・なんか駆け出しの頃の気持ちに戻っているような感覚です。

 

引き続き まだこのプログラムは続いていきますが、今 自分自身でしっかり感じることのできている『されど、1曲』を大事に書いていきたいと思っています。

 

 

 
写真は、今年の正月の神棚。
いつもお世話になってるエンジニアさんが、天河大弁財天さんのお札を わざわざ買ってきてくださり、それをお祀りしたところ、一段と賑やかになった気がします。

今年も、心穏やかに、一人でも多くの方に喜んでいただける作品がつくれる様、引き続き精進いたします!
どうかよろしくお願いいたします。

BlogIMG001