Memorial Tour

「7月末までにアルバム曲を4曲仕上げる!」というノルマを自分に課した。
個人事業主、サボろうと思えば幾らでもサボれるし、自分の首なんてカンタンに締めることができる(笑)。
毎日 作業場には居るが、日々色々と、そして細々とやらなければならない別作業や仕込みなどもあり、目標などという甘っちょろいモンではなく『ノルマ』『マスト事項』にしてしまわなければ、自分で作った締め切りなんぞヌルヌルと破ってしまう(苦笑)。

 

で、必死に頑張ってたのですが、なかなか手こずり、ようやく1曲目を仕上げた頃…。
パラパラとスケジュール帳をめくってて、思わず声が出てしまうくらい青くなった。

・・・あ、・・・明後日から旅行じゃん。。。(撃沈)

 

 

 

 

昨年の春に起こった熊本大地震、その後に震災の疲労も祟ってか お亡くなりになった方と約束していたのが「良くなって、旅行に行きましょう!」ってこと。

その後、快方に向かわれることなくお亡くなりになったのだが、その方の一周忌の前に どうしても約束していた場所へお連れしたいという想いがあって、一周忌まで1週間ほどのタイミングで、 南の、そう大きくない島へ旅に行ってきた。

 

約10時間をかけて辿り着いたその島は、オレにとっては4年ぶり、3回目。
変わらない海の色、ホテルのコテージ風の部屋から見える景色も あのときのままだ。

前回は、スマトラ島沖地震から ちょうど10年目というタイミングで来たのだが、それから4年経って 以前よりもっと観光色が増した以外は ほとんど変わらない。
毎回 滞在した折には行きつけにするレストランのいつもの席も、レンタルしたバイクで走ると聞こえる風のアノ感じも。

 

でも、一つだけ違うのは、何処へ行くにも その方が笑っている写真と一緒に出かける・・・ということ。

 

 

朝食を食べ、バイクで下の町や隣町まで買い物に行き、プールで泳ぎ、ベランダで陽が沈んでゆくのを眺めたら、また下の町で夕食をとり、部屋に戻って寝る。
ツアーでもないし、観光地にも行かず、そう大きくない島の中の、小さな町で 静かに、そしてゆっくりと時間を感じながら過ごした5日間だったが、本当に楽しかった。

 

この島に着いて3日くらいまでは、日本に置いてきた面倒なことやナーバスになるようなことも気になってたし、心の底からリラックスは出来ていなかったりしたのだけど、ベランダから町を眺めていた ふとした何かのタイミングで、憑きモノが落ちるようにスッキリと前が見えた気分になってね、「オレはオレでいいんだ」とハッキリ開き直れるようになったし、あれだけ練習しても上手くなれなかったドルフィンキックも いきなり出来るようになったし(笑)、空港に向かう頃には 心がとっても軽くなったような気がして、元々は追悼旅行ってカタチで企画したのだけど、逆にオレにとっての memorial tour になったような気がするのです。

IMG_0986

 

ただ、南国の日差しを またナメてた(苦笑)。
バイクで片道1時間の道のりを走っただけなのに、帰ってきたらヤケド状態。。。

雨季のはずなのになぁ。
雨、ぜんぜん降らなかったし。(スコールも1度もなかった)

 

もう ヒーフーがボーロボーロです(笑)。

 

 

 

広告