ザギンでユーミン

つい昨日のことなのだが、6年ぶりくらいに、LIVEにキーボーディストとして出演させていただいた。

1年ほど前に、ペニー当山さんや近藤ナツコさんというベテラン女性シンガーさんたちと月島の居酒屋で夕方から飲む機会があり、その席で何の話からか (みんな酔っ払ってて あまり記憶が確かではないw)”松任谷由実さんの作品の世界観を感じて貰えるようなLIVEをやろう” ということになり、銀座のRoad to Starというハコを借りてやることになった。

松任谷由実さん、荒井由美さんが70年代から80年代後期にかけて書かれた詞曲やアレンジの素晴らしさは誰しも知っていることだが、それを4リズムにアレンジし直して、いかに世界観をそのアレンジに投影できるか・・・ということの難しさに対しての不安はあったが、大先輩たちとご一緒させていただけることや、もう一度4リズムのアンサンブルを勉強したいとずっと思っていたので、自分自身にとっても、とても意味のあるチャレンジだと思ったのです。

 

《Ride on the Time Machine 第一夜 ~ザギンでユーミン~》というタイトルのライヴのバンドメンバー、
ドラマーは上野義雄さん。
前回のブログに書いた[a day]というコンピレーション・アルバムはラジオ仕立てになってたのだけど、そのアルバム内で使用するジングルを作っていただいた(ナヴィゲーターは金子奈緒さん)のが最初だから、初めて会ってから15年が経つ。
BOSSの同級生で、オレ自身は義雄さんと一緒にステージに立つのは初めて。
「この前、隆夫(BOSS)と飲んだんだよ。yossyと一緒にやるって言ったら”アイツ、ちゃんとヤってんの?”って言ってたよ」と(苦笑)。
ちゃんとヤってます(笑)。

そして、その義雄さんが「ベースは彼が合うんじゃないかなぁと思って」と推挙されたのがベーシストの田口英穂さん。
Jニーズから演歌の大御所まで、今も様々なところで活躍されてる大先輩で、顔合わせと称してメンバーで渋谷に集まり飲んだときから、とてもよくしてもらってる。

「ギターはイキのいい若手がいいね」と誰かが言ったことを機に、近藤ナツコさんが引っ張ってきたのが福田正人くん。
師匠の元でしっかりと技術を磨いてきたってのがよく分かる、正確で丁寧なプレイヤー。
30歳くらいかなぁ・・・栃木から東京に出てきてまだ3年という、オレのスタートと少し重なる感じもあって、よく二人で騒いでます(笑)。

そしてヴォーカルが、ペニー当山さんと近藤ナツコさんという実力派のお二人のツインヴォーカル。

 

そんな素敵なメンバーの方々と一緒に駆け抜けた2時間、19曲。

Sold Outだった満員の会場で、最初はステージも客席も緊張感が凄かったのだけど、1曲、2曲終わるころには とっても柔らかな時間が流れ始めてね、本篇の最後の頃になると色んな想い出が溢れてこられたのか、号泣される方や涙ぐまれる方も沢山いらっしゃって、本当に良いライヴだったなぁと、一夜明けてジワジワきてるのです。

途中、会場に観に来られてたm.c.A・Tさんを無理矢理ステージで紹介し、そのまま『真夏の夜の夢』を共演、客席の盛り上がりも凄かったどころの騒ぎじゃなかったのです。
本当に素晴らしい1日を過ごさせて貰いました。

 

ご来場いただいた大変に多くのお客様、そして音周りでお世話になったスタックコーポレイションのみなさま、そしてRoad to Starのスタッフのみなさま、本当にありがとうございました。
これから またメンバーで第二夜の話し合いをして しっかりと練っていき、もっともっと楽しんでいただけるステージになるよう頑張ります。

IMG_0128

 

そして、一夜明けて今日、
熊本地震から1年が過ぎた。
深い縁のある人たちが住む熊本の地で、阿蘇が噴火するということはあっても、まさかあのような大きな地震が起こるなんて予想もしていなかった。
益城町では、未だ何千人もの方が仮設住宅で暮らしてらっしゃると聞く。
1日も早く、元の生活に近い暮らしができるようにと祈ってます。

 

 

 

 

広告