パッション

ひょんなことから脚本家の筒井ともみさん(失楽園・阿修羅のごとく,etc) と二人で旅をすることになったのだが、これまでに一度も仕事をご一緒したこともないし飲んだこともない。
プロデューサーさんが気を遣ってくれて旅の一週間ほど前に筒井さんのご自宅へ連れてってくれたのだが、大きなオーラや作品に賭ける凄まじい情熱、そして溢れまくる情報量に圧倒され、筒井さんのご自宅を出たとき ちょっと吐きそうになった(苦笑)。

そんな脚本界の大御所と 丸2日ずっと行動を共にさせていただくというのは非常に光栄なことではあるけれど、己の未熟さも充分に理解しているからこそ 何か粗相があってはいけないと下準備などは入念にやった。
なにしろ現地ではオレがレンタカーを運転することになってたし、不慣れな道をスイスイ行けるよう地図を何度も頭に叩き込んだりもした。

 

さて、旅の当日である。
「筒井さん、明日は八重洲中央口でお待ちしてますね」と前夜 連絡を入れると、「地下中央口が良いのだけど」と。
承知しました、モチロンそちらでお待ちしてますと約束した時間より15分も早くスタンバイ。
自信プリタツに「八重洲地下中央口に到着しました!お待ちしてます!」とメールを送ると、すぐさま筒井さんから電話が鳴る。「アタシ、丸の内地下中央口にいるのよ」と。

ダッシュで筒井さんが待ってる改札まで行き、汗だくで新幹線に飛び乗る・・・発車1分前。
吹き出す汗が止まらず、なかなか座れないオレを見て筒井さんは「アナタ、汗すごいわね」(笑)。
そんなドタバタから旅が始まった。

 
しかし、”これは大変な旅になりそうだな” というオレの予想に反して、筒井さんと一緒に行動する旅は とても有意義で楽しかった。
故・松田優作さんとの話や、様々な映画・ドラマ製作時のエピソード、そして昭和の数々の名作を生み出してこられたプロデューサーや監督の話などが筒井さんの語り部によって次々と細かに語られ、感動的な喜劇をずっと観てるようでもあった。

 
そんな筒井さんが時々じっと一点を見つめて黙る時間がある。
何かの声を聴いているのか、目の前の何もない空間で誰かが演じてるのを観ているのか分からないが、絶対に話しかけてはいけないのだということが感覚としてわかるのだ。
そして、そんな時間が数分ほど続いたあと、またニッコリとオレに話しかけてくださる。
・・・そのような時間が、2日間のあいだに何度かあった。

 

 

旅から戻り、一夜明けてプロデューサーから「筒井さん、とっても喜んでたよ」と連絡を貰った。
筒井さんからは帰りの新幹線で次回の旅の話をいただいてたから、おそらく またご一緒することになるだろう。
それまでに、今回の旅で筒井さんがご自身の口で、声で、オレの中に残そうとしてくださってることをしっかり整理しておかないといけない。

大御所とご一緒するのは大変なのだ(笑)。

 

 

広告